製作の様子

製作の様子

組子額装「ふくろう」

2018-10-19T17:26:45+00:002018年10月13日|製作の様子|

小型額装の「ふくろう」です。(額 42×39, 組子部分 27×23.5) 1ミリの組子に1ミリの空間を空けて格子状に組んでいます。ふくろうと月は、地組みの組子より部材の幅を広げてあります。そうすることで立体的に飛び出して見えるように製作しました。バックの地組みはウォールナット、月は漆、ふくろうの茶色はケヤキ、白は木曽ヒノキ、黒は神代ケヤキを使っています。 This is a small framed picture of [...]

組子額装「輪」

2018-10-19T17:29:17+00:002018年10月11日|製作の様子|

組子額装の「輪」です。(額 65×50, 組子部分 45×31) 抽象的なデザインで、和洋を選ばず飾っていただける作品だと思います。 バックのグレーの部分は朴、黄色のラインは漆、白のラインは木曽ヒノキで製作しています。 This is a framed [...]

組子額装「枝垂桜」

2018-10-19T17:32:37+00:002018年10月9日|製作の様子|

組子額装の「枝垂桜」です。春風に吹かれて花びらが散る枝垂桜をイメージして製作しました。 桜の花びらは日本三大美林の一つ、「木曽ヒノキ」を使っています。木曽ヒノキ特有の綺麗な白はもちろんですが、少しピンクがかった部分もある木で、まさに桜の花びらを表すために最適な木だと思っています。 We made a flamed picture of kumiko. We [...]

組子額装「YUI」

2018-10-19T17:41:27+00:002018年10月6日|製作の様子|

小型額装の「YUI」です。(額 39×42, 組子部分 23.5×26) 幅1ミリの組子を作品下部分から格子状に組み上げていく組み方で表現しています。1ミリの組子とあってとても細かいパーツなので、ピンセットを使いながら組んでいます。 We made a small framed [...]

組子額装「白猫」

2018-10-19T17:42:18+00:002018年10月4日|製作の様子|

小型額装の「白猫」です。(額 38×41, 組子部分 24×26) 1ミリの組子に1ミリの空間をあけて格子状に組んでいます。猫と蝶は背景に貼り合わせているのではなく、背景の部分の組子より幅を広げた組子を組むことで立体的に手前に浮き出るようにしています。接着剤は一切使わず、組む力だけで保たせてあります。 This is a small framed [...]

立体作品「時々」

2018-10-02T15:59:06+00:002018年10月2日|製作の様子|

こちらは第53回 日本現代工芸美術展に出品しました「時々」です。 独自の組み方の組子細工を盛り込み、現代的な立体作品を製作しました。薄黄色の木はヒバ、黒い木は神代ケヤキを使っています。 This is a interior of kumiko. We exhibited [...]

組子額装「なかよし」

2018-10-19T17:42:35+00:002018年9月29日|製作の様子|

フクロウの小型額装「なかよし」です。(額 41.5×38, 組子部分 26.5×23)イラスト的な可愛らしいデザインで製作してみました。 1ミリの組子を下から織物のように組み上げていく組み方で表現しました。接着剤は一切使っておりません。この組み方はデザインの細部まで表すことができるので、このような小さな面積で絵を表現する時に使うことが多いです。 This is a small framed [...]

立体作品「未来都市」

2018-10-04T09:34:36+00:002018年9月28日|製作の様子|

こちらは2016年の日展に入選した立体作品「未来都市」です。 基本組子細工は平面で模様を描く技術なので、このように立体的に組子を組むことはとても難しいうえに、繊細なものなので完成しても強度が低い、など何度も失敗を重ねながら形を作ってきました。組子を取り入れた作品でありながらも古風になりすぎない、現代美術を意識した作品をこれからも製作していきたいと考えています。 This is a Japanese interior of kumiko. It [...]

フクロウの衝立2

2018-09-27T14:29:19+00:002018年9月27日|製作の様子|

玄関に飾る衝立のご依頼をいただき、お客様と相談させていただきながら縁起の良いフクロウの衝立を製作しました。 組子細工の部分は麻の葉をベースにした変わり八重桜という組み方で表現しています。材種を細かく変えることで、細部まではっきりと表現できるようこだわって製作しました。 夜の空は真っ黒な幻の木「神代ケヤキ」を使い、月には「漆」を使っています。 This is a screen of kumiko. All [...]

組子の行灯 春夏秋冬

2018-10-19T17:44:17+00:002018年9月26日|製作の様子|

お客様から春夏秋冬と家紋を入れた行灯を、というご依頼を頂き、行灯を2個セットで製作させていただきました。前面にはお客様の家紋、側面には桜、朝顔、紅葉、椿を組子細工で表現しました。 桜と紅葉は麻の葉の組子に桜の花びらや紅葉の葉を組み込み、朝顔と椿は1ミリの組子のパーツで織物のように下から組み上げていく組み方で表現しています。 We made a Japanese room light of kumiko. [...]