香川県の神社の本殿に組子建具を納めさせていただきました。

桜、モミジ、藤、幾何学模様を7本の建具に表現しました。デザインからお客様と打ち合わせをして決め、完全オーダーメイドで製作させていただいています。

  

桜、モミジ、藤の地組は筬(オサ)組みで組み、筬の縦に通った組子にそれぞれの花びらを組み込むことで花びらを固定しています。

桜の花びらは赤茶色の「吉野杉」、モミジの葉は赤色の「パドック」、藤の花びらは濃い紫色の「ウォールナット」を使って製作しました。

歴史ある本殿の建物に組子がマッチして、和の心を感じる心地良い空間ができました。お客様にも、想像以上の建具でとても満足です。とおしゃっていただきました。大変感謝しております。

This is a Japanese style sliding door. This technique is called Kumiko and it is the Japanese traditional craftwork with more than  500year history. We produced it as a motif of  the cherry blossoms, autumn maple leaves and wisteria flowers. All of them made of woods and we make extremely small ditch on wood pieces when we made these flower petals shape.