黄色の組子の材料

黄色の組子の材料

鮮やかな黄色が目を引く「漆」を組子の材料として仕入れました。最近では朝焼け・夕焼けの空を描く際に使用し

た木です。

木の種類によっては年数を追うごとに色が薄くなってしまう木もあるのですが、弊社ではそのような木は使わず、年数が経つごとに色が濃くなっていく木を使っています。漆は年数を重ねることでつやが出て、金色に変化していく魅力的な木です。作品が完成してすぐの鮮やかな黄色はもちろん、10年、20年と時を重ねるにつれて金色に変化していく様子も楽しんでいただけたらと願っております。

We stocked up on some new woods! This yellow wood is the wood of a sumac (URUSHI) and we always use this wood when we want to use the yellow. This wood is the attractive wood that a color changes in gold as years pass. It is beautiful that the vivid yellow when the Kumiko work was completed  but also it is magnificent that a color changed in gold of Kumiko.

(こちらの鯉も年数が経過するにつれて金色の鯉に変化する様子を楽しんでいただけるかと思います)

2018-12-18T16:52:43+00:002018年12月18日|製作の様子|