龍虎の建具を納品させていただきました。

建具2本引きの組子建具「龍虎」を納品させていただきました。
実のところ、私はかねてから龍と虎を描いた作品を製作したいな…と夢見ていました。今回大変ありがたいことにお客様からご依頼を頂きまして、心を込めて製作させていただきました。

建具枠や背景となる組子の地組にはウオールナットを使い、周りの書院の枠の色と馴染む材木を使用しました。
虎の黄色は漆、龍の白は「木曾檜」の白太の部分を使い、赤身の部分でお腹のピンクを描きました。
他にも神代ケヤキ、神代タモ、朴など合わせて8種類の材木を使って色彩豊かに表現しました。

↓ 以下は製作中の様子です。

↓以下は作品のヨリ写真です。

今回、欄間には星座をイメージした組子を納めさせていただきました。
山折り谷折り…となるように組子の部材に切り込みを入れて曲げていて、一本の組子から一個の星ができています。

テレビの画素と同じで、組子の部材も細かいものを面積いっぱいに組むことでよりはっきりと、毛並みや目玉まで繊細に表現することができます。
製作時間はかかりますが、技術を求めてくださるお客様には感謝してもしきれません。
これからも精進いたします。