ホーム2018-08-08T14:34:29+00:00
お知らせ新着情報
122019.06

神棚を納品させていただきました

2019年6月12日|製作の様子|

普段は組子を主体として作品製作をさせていただいている弊社ですが、お客様からオーダーをいただき神棚を納品させていただきました。 2000年もの間火山灰の土の中に埋もれていて、土木工事などでたまたま発掘されて見つかる大変貴重な木「神代ケヤキ」。ご自身で神代ケヤキを集めていらしゃるほど神代ケヤキがお好きなお客様ですので、今回はそちらの神代ケヤキで側板と天板を製作しました。側板の彫刻は日展作家の方に彫っていただきました。 本殿は伊勢神宮をモデルに地元の銘木「木曽ヒノキ」で製作しました。木曽ヒノキは「ヒノキの最高峰」ともいわれている、ヒノキの香りが強く綺麗な色をした木です。昔から「神社はヒノキ、お寺はケヤキ」と言われており、伊勢神宮もヒノキで作られています。屋根は伊勢神宮のお膝元の「吉野杉」を使い、茅葺屋根を再現しました。年月が経つことで杉の木の色が濃くなっていくので、また違った表情を楽しんでいただけるのではないかと思っています。天然木の良さですね。 私自身、このような神棚を製作するのは今回が初めてで、試行錯誤を重ねて製作いたしました。貴重な経験をさせてくださったお客様に大変感謝しております。 We made a “Kamidana” (a household shinto altar) based on the Ise-jingu shrine. In Japan, a Kamidana is a shelf used [...]

292019.05

中学生の組子体験

2019年5月29日|出来事|

地元高森中学校の生徒さんが工場見学にいらっしゃいました。 まず始めに、組子体験として組子のコースター製作をしていただきました。さすが中学生ともなると皆さん吞み込みが早いのでしょうか、コツをつかんでしまうとあっという間に組んでしまい驚きでした! その後弊社のショールームに移動し、作品を見ていただきながら質問タイム。熱心にメモを取られる姿が印象的でした。桜のパーツを「可愛い!」と気に入って頂けたり、麻の葉模様を見て感動して頂いたり、、とても嬉しく感じました。 弊社ではショールームにて作品を展示しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。TEL:0265-48-6047 Today some middle school students of Takamori observed our kumiko factory. We are displaying our works in the showroom. Please [...]

292019.04

桜の組子建具

2019年4月29日|製作の様子|

阿智村の三日庵さんに組子建具を納めさせていただきました。日本一の星空が観られることで有名な飯田下伊那の阿智村にある蕎麦屋さんです。 お店の建具ということで遠くからでもデザインを楽しんでいただけるよう、桜のパーツを特大にして散らしてみました。桜は吉野杉、オサに組んだ地組はヒバを使っています。和の空間にマッチしていい感じに収まりました。 とても美味しい信州蕎麦で人気な三日庵さんは、県外からのお客様も多くいらっしゃるそうです。ゴールデンウイーク中は花桃もきれいに咲いています。是非足をお運びください。 【そば 三日庵さん】 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里83366    

222019.04

組子欄間が完成しました

2019年4月22日|出来事, 製作の様子|

桜を散りばめた組子欄間を香川県のお客様のご自宅に納めさせていただきました。 桜のパーツはヒノキの最高峰である「木曽ヒノキ」、バックの黒色は高級家具材に使われる「ウォールナット」、グレーは「朴(ホウ)」を使っています。 木曽ヒノキは他のヒノキと比べて香りが強く、製材し加工する間ヒノキのとても良い香りが工場いっぱいに広がります。今回の桜のパーツを作る際も良い香りに癒されながら製作させていただきました。 いい感じに収まりました。 天井にとても立派な桁が走る素敵なお宅で、組子欄間も美しくマッチしていました。 We made a kumiko ranma which cherry blossom motif. The cherry blossom made of Kisohinoki and it is the [...]

112019.04

組子の立体作品 現代工芸賞をいただきました

2019年4月11日|お知らせ, 催事ご案内|

毎年挑戦させていただいている現代工芸展ですが、今年も組子の立体作品を出品しましたところ、現代工芸賞をいただくことができました。 http://www.gendaikougei.or.jp/58th_award1.html 組子をより多くの方に知っていただくきっかけになればと出品させていただいていますが、工芸なのでジャンルがたくさんあり作品を拝見する中で学ばせていただくことが沢山あります。400年以上の歴史を持つ伝統工芸である組子を現代美術と融合させ表現することは難しいですが、これからも引き続き挑戦していきたいと思っています。 なお、展覧会については以下の通りです。ぜひお越しください。 会期:平成31年4月18日(木)~4月24日(水)午前9:30~午後5:30(入場は午後5時まで) ※初日は12:00開場、最終日は午後1:30閉会(入場は午後1時まで) 会場:東京都美術館 ロビー階第1・第2展示室(東京都台東区上野公園8-36) Fortunately, my kumiko works has been selected for The 58th Japan Contemporary Art and Crafts Exhibition. I [...]

お知らせ一覧へ